レディー

嬉しい効果をもたらすボトックス~気軽にプチ整形~

臭いを抑える治療

美容整形

わきがは、病気というよりも体質と言った方がふさわしい症状です。わきがの臭いは、脇の下で生息している皮膚の常在菌が、汗を栄養分にして繁殖する際に発生します。脇の下に全く汗をかかない人など存在していませんから、全ての人が多かれ少なかれ臭いを発生させていることになります。ただし、その臭いが普通よりも強くなってしまう体質の人がたまにおり、その症状のことをわきがと呼んでいます。なぜ臭いが強くなってしまうのかというと、脂肪分の多い汗を大量にかいてしまうためです。汗自体に臭いがあるわけではないのですが、脂肪分の多い汗は、皮膚の常在菌にとって恰好の餌になります。そのため、細菌の繁殖力が高まり、強烈な臭いが発生してしまうという仕組みです。つまり、わきがの臭いを抑えるためには、汗の質を変える、発汗を抑える、皮膚の常在菌を駆逐するなどの対処法が有効だということになります。現実的なことを考えると、無菌室で暮らしていない限り、皮膚の常在菌を完全になくすことはできません。また、汗の質を変えることも簡単なことではありません。一番手っ取り早いのは、発汗を抑制する方法です。わきがの症状がそれほど重くない場合であれば、制汗剤の塗布で対処することができます。また、制汗剤では対処しきれない場合でも、外科手術やボトックス注射で発汗量を減らすことができるようになります。

医療機関で昔からよく行なわれてきたのは、外科手術によって脇の下の汗腺を除去してしまう方法です。餌になる汗が分泌されなければ細菌が繁殖できなくなりますので、嫌な臭いも起こらなくなります。そのため、脇の下の汗腺を除去してしまう手術が一般的になっていました。昔は汗腺ごと皮膚を大きく切除してしまう手術が行なわれていましたが、現在では、皮膚は切除せずに汗腺だけを剪除する方法が主流になっています。そうすることによって、脇の下に残る手術痕を小さくすることができるため、患者の心の負担を軽くすることができます。一方、近年積極的に行われるようになってきた方法に、脇の下にボトックス注射を打つ治療があります。ボトックス注射を打つと、汗を分泌するための筋肉が収縮しなくなります。全く汗をかかなくなるわけではありませんが、発汗量を低く抑えられるようになるため、中程度のわきがであれば十分に対処することができます。重症のわきがの場合は、ボトックス注射では対処しきることができませんので、最初から外科手術の利用を検討してみるようにした方がよいです。しかし、手術を受けなくてはならないほど症状が重くない場合は、ボトックス注射でも臭いの発生を抑えることができます。ボトックス注射による臭い抑制効果に永続性はありませんが、体にほとんど負担がかからない方法であるため、多くの患者に利用されています。

Copyright© 2016 嬉しい効果をもたらすボトックス~気軽にプチ整形~ All Rights Reserved.